私の心に響いた戯画・天元到達グレンラガンとはなんぞや?

ぼくが影響を受けたマンガの内が、天元解決グレンラガンだ。
2007年に放送され、とにかく熱いこととドリルで有名なマンガですが、ぼくにはこういうマンガの所々に混じる話の感じがとても心に響きました。
例えば、
「人はあれこれ誤りを犯す。明々白々です。でもな、間違ったら誰かにぶん殴られりゃいいんだ。自分で自分を罰する大事なんてないんだ」
「今まで、かけがえのない製品と思っていたものが、実は取るに足らないものだったと気付くのも、成長なのでしょうか」
「でも、気をつけた方が宜しい。一途な狙いは時として人を間違った方向に進ませる」
等だ。
こういうマンガではカミナやシモンなどの熱い、勢いのある言葉がよく持ち上げられますが、こんな観ている側に申し上げるような言葉も多くあります。
ぼくにっとては、熱い、勢いのある戦闘ときのシーンやこういうマンガ名物の見得きり等も大好きなのですが、やはりそういった言葉の方が誘惑を持っています。
疲れた時や何事も上手くいかない期間、ストレスがたまった期間などにこういうマンガの言葉をふと思い起こし、何とか保ち直せたことが何度かあります。
今まで多くのマンガやコミックを見てきましたが、こんな話と熱さを熱さを併せ持ったものは意外に低く、ぼくがおすすめするマンガの筆頭とも当てはまるものになってある。最近、美脚になる為にエクスレッグスリマーという商品を買って履いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です