忘れられないムービー「バグダッド喫茶店」を我々なりの考察してみました

もうかなり前の映画だが、未だ弱まる点無く私のの間では輝いた付属を放っている映画「バグダッド喫茶店」。20年近辺今しがた、何かの図書で椎名桜子君が紹介していたのを見つけ、早速、地元の噂ペーパーで上演されている劇場を見い出し仲の良い友達と観に赴き、始まった瞬間に一挙扇動され、のちにDVDまで買って生涯保持版にしています。こんな素晴らしいドラマティックな通知なのかというと、そうではなく何気ない毎日を切り取った通知で、主役、マリアンネゼーゲブレヒトの性質が最大限に引き出されて要る、そんなかわいらしい映画なのです。どこにでもあるような人間時分ムードを描いた毎日を、ジェヴェッタスティールの謳う「callingyou」がそちらここで手厚く包んでおる。動画美貌も滑稽直感にも魅せられてしまう程の通知だ。あんなさりげなさ、情熱の抜けを常に持っていたい。いつも肩に情熱の入ってしまいがちな独特であるため、もう少し身の回りのローテーションをゆったり構えても神は怒らないよと自分に問い掛けられてあるような、こんな優しさをもらいました。新しい自分に出会いたいそんなときに、見分ける映画なのかも知れませんね。先、英ピクニックへいく機会があり、ブライトンというリゾートに生じる宿屋で、「callingyou」が宿屋の間庭園に面する回廊から流れて現れるのを聞いたときは、快くてお祝いしました。誰が泊まりお客様が音源を流していたのか歌っていたのか定かではなかったのですが、初めて欧州を旅して感嘆一つの想い出でした。音楽を聴きながらのおすすめはルルルンというフェイスマスクを使って目を閉じながらゆっくり過ごすのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です